CMS

先週のレース回顧 重賞ハンター!!

馬連、3連単、3連複を中心に回収率200%を目指す競馬予想ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 先週のレース回顧ホーム > レース回顧&反省 > 先週のレース回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

先週のレース回顧

 第36回高松宮記念レース回顧

戦国時代と言わんばかり単勝オッズのバラつきから、混戦模様は誰もが想像したが、蓋を開ければ4→2→3番人気での決着。
平穏といえば平穏に収まった。

今回の予想は完璧に外す結果となりはしたが、案外サバサバとしたもので、悔しさはあまり込み上げてこない。

G1になれば各方面で一切いらないと言われる柴田善臣。
当ブログも例に違わず酷評を書き下ろしてきたが、今回に限っては
全く触れず。
正直来るかなと思った。が、そこはやはり来るまでは買わないという
変な信念からノーマークに。
これで次回からは買える反面、買わなきゃいけないと言う面が
でてきてしまったが!

第50回大阪杯(G2)の情報は競馬blogランキングへ!

宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

2着にはラインクラフト。
1週前の追い切りでほぼ仕上がっていたのに、最終追い切りでの
出否判断は言い訳を考えての事。
その時点で1着は無いとは思ったが、想像以上に強かった。
逆に相手が弱すぎたという面もあるが、次走でマイルにペースを合わせて本番という絶好のパターンの確率。

シーイズトウショウに関してはいつも人気はするが善戦止まり。
今回は従来の実力馬の引退により、そのまま着順も上がった。

本命に擁したシンボリグランはさっぱりの競馬。
何れ競馬界の西高東低に関しては書きたいと思うが、
関東馬を軸に据えたのがそもそもの間違い。
(関東馬をバカにするつもりは毛頭無いが、勢力図を見ても
これは周知の事実。)
スタート直後からシンボリグラン1点を見ていたが、
出が悪かった時点で少なくとも押して上げるべきで、
最後は伸びてきただけに残念極まりない。
「流れは向かない、1200mだし、直線も短い」(デムーロ)
そんなことはハナから分ってることで、ちゃんとシュミレーションをしたのか?
「ミルコ・デムーロ」じゃなく「見るな・デムーロ」と
情けないコメントでした。チャンチャン(T_T)

何れにしても大穴を狙いすぎたことに反省です!


 レース後コメント

1着 オレハマッテルゼ 
「前回の競馬を自分なりに分析して十分1200mでも対応できると思っていた。スタートも良かったし、道中も楽に追走できたのが大きかったね。直線はいつでも前を割って伸びてくれると思っていた。久々のGI勝利、馬も称えて下さい」(柴田善臣騎手)


2着 ラインクラフト 
「自分もいい形で回ってこれたけど、シーイズトウショウが最後に内にスペースを作ってしまって、そこから勝ち馬が抜けて来てしまったね…」(福永祐一騎手)


応援のワンクリックお願いします競馬blogランキングへ!
[ 2006/03/27 17:20 ] レース回顧&反省 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。