CMS

第24回ニュージーランドT展望&軸馬 重賞ハンター!!

馬連、3連単、3連複を中心に回収率200%を目指す競馬予想ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 第24回ニュージーランドT展望&軸馬ホーム > 今週の動向 > 第24回ニュージーランドT展望&軸馬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第24回ニュージーランドT展望&軸馬

 第24回ニュージーランドT展望&軸馬

2000年に東京から中山にコース変更。
今年で7年目になります。

皐月賞が大混戦の様相を呈してるだけに、ニュージーランドTは
1.5枚落ちるメンバー構成と言わざるを得ません。
宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

第24回ニュージーランドT(G2)の情報は競馬blogランキングへ!


過去の傾向としては、1番人気馬がどれだけ人気を被るか!
その辺りで、信頼度が大きく変わりそう。
今回の出走メンバーで1番人気になりそうなのはロジックか?

ただしこの馬の弱点は「甘い」こと。
安定度(全成績 2.2.2.0)から言えばNO,1も、
今回も一歩届かないのでは。
単勝オッズも2倍を切ることはまず無いと思います。

マイネルスケルツィは今年は跳ねそうな柴田善臣騎手。
同騎手騎乗したときは(2.2.0.0)。
たんぱ杯は四位騎手騎乗で惨敗も、きさらぎ賞ではスプリングS
1着、3着馬に0.2秒差の3着。
実績的にはこちらの方が上か?

万が一突き抜けるとすればタガノバスティーユ
追い込みに脚質転換してから、特に前走は目の覚めるような伸び。
鞍上は池添騎手で中山の仕掛け所はデュランダルで十分承知。
問題は1200mのタイムが早いとはいえない事。
今回マイル戦であっても、その辺りが不安。

そう言う意味では底を見せていないドラゴンウェルズを押したい。
ロジックと同様にこの馬もデビュー前からの評判馬。
2戦目にシェルズレイの2着で阪神1600m、1.35.8。
ロジックのアーリントンCが6戦目で1.35.3ならここは
先着出来ないか!


応援のワンクリックお願いします競馬blogランキングへ!
[ 2006/04/05 12:12 ] 今週の動向 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://uopachi.blog25.fc2.com/tb.php/147-6923f325

【ニュージーランドT】登録馬の血統と近5年の1~3着馬の血統を掲載。
ニュージーランドトロフィーを過去5年の1~3着馬の成績表と中山競馬場で行われた過去6年のデータからレース傾向をみます。
[2006/04/05 22:30] 競馬SevenDays

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。