CMS

第66回桜花賞 レース回顧 重賞ハンター!!

馬連、3連単、3連複を中心に回収率200%を目指す競馬予想ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 第66回桜花賞 レース回顧ホーム > レース回顧&反省 > 第66回桜花賞 レース回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第66回桜花賞 レース回顧

■ 第66回桜花賞 レース回顧

キストゥヘヴンが直線鮮やかに突き抜けて桜花賞を制しました。


◎ テイエムプリキュア    8着
○ アドマイヤキッス     2着
▲ キストゥヘヴン      1着
△ タッチザピーク     10着
× ラッシュライフ      9着
× ダイワパッション    16着
× シェルズレイ       5着
× フサイチパンドラ    14着


馬連 08-14 1,550円 5番人気
馬単 14-08 4,370円 13番人気

3連複 08-12-14  3,810円 11番人気
3連単 14-08-12  27,460円 68番人気

宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村


第66回皐月賞(G1)の情報は競馬blogランキングへ!


馬連(馬単)なら当たってたかなと思うも、3連単での勝負で
撃沈です。

キストゥザへヴンは、418キロと小柄ながらスラリとした体型で、
馬体を大きく見せ、いかにも「切れる」といった印象。

実際1頭だけ34秒台の末足を披露。
見事な勝利でした。

アドマイヤキッスは大幅な馬体減も、前走休み明けでのプラス体重から
デビュー当時の体重に絞っただけで、仕上がりは万全。
やはり時計の裏付けがない分、突き抜けるまではいかなかった。
ただ勝った馬は気性の問題からオークスはアドマイヤキッスからに
なりそうです。

本命に押したテイエムプリキュアは向こう正面で押しどうし。
2週連続のハード追いにもかかわらず、プラス8キロの
デビュー以来最も重い馬体重。
なんかよく分りませんでした。

アサヒライジングが4着に残り、勝ち時計は1.34.6。
差してきた上位3頭以外はオークスでも苦しいかな?




■ レース後コメント

1着 キストゥヘヴン
「気性がきついのでガツンと行ってしまうとそのままなので、その点に気をつけて乗りました。2コーナーを過ぎてからは流れに乗れていい脚を使ってくれました」(安藤騎手)

2着 アドマイヤキッス
「いい感じで伸びたのに惜しかったです。まだまだ成長する馬です。距離は大丈夫です」(武豊騎手)

3着 コイウタ
「よく頑張ってくれました。ここまで来れば勝ちたかったです」
(横山典騎手)



応援のワンクリックお願いします競馬blogランキングへ!






[ 2006/04/11 13:55 ] レース回顧&反省 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://uopachi.blog25.fc2.com/tb.php/152-7e6b1c04

さて、授業を始めます。卒業生を送ってからずっと寂い思いをしていた。なにか居場所のない思いがしていた・・・・
[2006/04/11 14:25] 奈保美

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。