CMS

第54回京都新聞杯 展望 重賞ハンター!!

馬連、3連単、3連複を中心に回収率200%を目指す競馬予想ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 第54回京都新聞杯 展望ホーム > 今週の動向 > 第54回京都新聞杯 展望

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第54回京都新聞杯 展望

天皇賞後も疲れは無いようで、改めてディープインパクトの怪物ぶりには驚かされますが、古馬の現有勢力ではハーツクライ以外はどの馬も歯が立ちません。
ハーツクライも今後も五分に戦えるかと言うとその可能性はきわめて低い。



宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

実績が凄まじいだけに早期引退してもなんら不思議ではなく、戦える相手として残るは現在の3歳馬のみか。

そして今週の京都新聞杯でマルカシェンクが復帰します。

デビュー戦が単勝1.1倍でフサイチリシャール(4着)を完封。
2戦目が単勝1.6倍でスーパーホーネット(3着)をこれまた完封。
3戦目が単勝1.1倍でドリームパスポートに辛勝。
とは言え、確かこのレース中に骨折したと思うのですが?


第54回京都新聞杯(G2)の情報は競馬blogランキングへ!


何と言ってもこの支持率で結果、裏切らないという事は凄い事。
まして戦ってきた面々からも尚更。

もし皐月賞に出ていたら...。「たら」はないですが!

そして問題は成長期での骨折がどう影響してるのか?という点。

1週前の追い切りは全体的にはまずまずで、終いも切れました。

プリンシパルS組に比べればこちらの方が重賞だけにややメンバーは
揃いますが、まず大丈夫ではないかと。


応援のワンクリックお願いします競馬blogランキングへ!
[ 2006/05/02 15:56 ] 今週の動向 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。