CMS

第54回京都新聞杯 予想 重賞ハンター!!

馬連、3連単、3連複を中心に回収率200%を目指す競馬予想ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 第54回京都新聞杯 予想ホーム > 今週の予想 > 第54回京都新聞杯 予想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第54回京都新聞杯 予想

最終的に出走馬は10頭とやや寂しい感じになりましたが、ダービーで皐月賞上位馬に風穴を開けるのは、プリンシパルS出走馬より京都新聞杯組。
宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

■ 展開

何が何でもハナへという馬は見当たらず、上がりの勝負になりそう。
前走同様にアエローザがハナに立つか。


■ 追い切り推奨馬

マルカシェンク、テューダーローズ、アペリティフ、トーホウアラン。


第54回京都新聞杯(G2)の情報は競馬blogランキングへ!


■ 結論

約5ヶ月ぶりの競馬となるマルカシェンク。実力は2枚は抜けていると思うが、骨折明けと言う点が最大のポイント。
すでにダービーの権利は確保しているだけに復帰初戦としては全幅の信頼は置けないものの、連対を外すようでは先行きも暗い。
2着は確保できるものとして軸に。

アエローザは2戦2勝といえども相手がいかにも軽い。
確かに余裕の勝利でタイム的にはまだまだ縮められそうだが、血統的にはどうなのか?
ただ、展開利と小頭数はかなり有利に見える。

トーホウアランは厩舎サイドが思いのほか弱気。
ここは「ガツンと勝負」と思っていただけに不安の方が先行しそうも外すわけには。

まだまだ成長途上で仮にダービーに出られたとしても惨敗は免れないであろうアペリティフ。
何といってもアドマイヤメインに9馬身離されたのが現状。
恵まれての3着まで。

それならばマイネルポライトの方が面白いかな?

(各陣営の思惑はこちら


■ 購入馬券

3連単 フォーメーション

1着 3
2着 5,6
3着 1,2,5,6(8)

1着 5,6
2着 3
3着 1,2,5,6(8)


応援のワンクリックお願いします競馬blogランキングへ!
[ 2006/05/06 00:00 ] 今週の予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。