CMS

ジャパンC展望1 重賞ハンター!!

馬連、3連単、3連複を中心に回収率200%を目指す競馬予想ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > ジャパンC展望1ホーム > 今週の動向 > ジャパンC展望1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジャパンC展望1

先週はまたまた予想した馬の馬番号を間違えてしまいました。毎度のこととはいえショック。間違いだらけの予想ブログとでも名前を変えなければ...
宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

さて今週はジャパンCとジャパンCダート。ダートは微妙に読み難いのでで今回もパスしようと思っていたのですが、どうもシーキングザダイヤで軸は堅そうで今回は参戦しようかと。
一方ジャパンCは11頭立てとはいえかなりの面白いメンバーが揃いました。そして3歳馬が4頭出走でしかも2冠馬やG1オール3着以内馬、エリザベス女王杯勝ち馬などここで古馬VS3歳馬の図式。
当然注目はハーツクライVSディープインパクトなのはいうまでもありませんが、それだけで決まるかなぁ~とも思わなくもありません。

第26回ジャパンCの情報は競馬blogランキングへ!

ウィジャボードは史上初の2年連続欧州年度代表馬。
必勝体制で挑んで吹っ飛んだマイルCSのデットーリ騎乗。いや、世界のデットーリ騎乗。
海外には結構、牡馬を撫で斬りにする牝馬がいます。
当然日本にもスイープトウショウなどいますが、エアグルーヴやヒシアマゾンが最高牝馬という印象を持っています。
ウィジャボードもこれらと同等、それ以上の強さを持っていそうでまとめて斬られるかも。
それもこれも展開が大きな鍵を握りそうで東京競馬場でのハーツクライの出方と凱旋門賞のプレッシャーに負けた豊が本来のパターンで走れるか。
このあたりがキーポイントになりそうですが...。

[ 2006/11/21 14:40 ] 今週の動向 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。