CMS

天皇賞&青葉賞レース回顧 重賞ハンター!!

馬連、3連単、3連複を中心に回収率200%を目指す競馬予想ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 天皇賞&青葉賞レース回顧ホーム > レース回顧&反省 > 天皇賞&青葉賞レース回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天皇賞&青葉賞レース回顧

まだまだ修行が足りぬと神様が言っているのか?モヤモヤ感が更に倍増しつつあるゴールデンウィークです。
宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

まずは青葉賞ですがトーセンマーチ?はい、完全な失敗です。ヒラボクロイヤル、フィニステールから3連単で8頭に流すも、何故この馬に目がいかなかったのか我ながら疑問です。荒れると分かりながらもピンポイントでそこを突けない!腹立たしい限りで、まだまだ甘いと痛感です。天皇賞は中荒れ位と予想するも、まさかアイポッパーが着外とは。これには正直驚きです。完全な安勝のミスでここでの敗戦はエリモエクスパイアもノーマークにしたこともあり、素直に諦めざるを得ません。
以上反省の弁でした。羅琉 泣き

 青葉賞レース後コメント
1着 ヒラボクロイヤル 武幸四郎騎手
「今日は返し馬での雰囲気が、今までの中で一番良かったですね。だからあまり考えずにゲートを出たなりで、自信を持って乗ろうと思ったんです。直線に入ってもどこの間も突けるぐらいのいい手応えで、その通りよく伸びてくれました。デビューの頃から期待していたいい馬だったんですが、あまり順調にいかなかったんです。それだけに嬉しいですね。本番と同じコースで勝ったことは大きいし、特に課題はありません。あとは自分がうまく乗れば、ですね」

2着 トーセンマーチ 松岡正海騎手
「ビックリ!直線向いた時には勝てるかと思いましたよ。道中でレースをやめるようなところがあるので、ハミをかけてやめさせないようにして走らせたんです。雨が降って渋ったのもよかったですね。天が味方してくれましたね」

4着 メイショウレガーロ 福永祐一騎手
「また1つ足らんかった!今日は中1週で少しテンションが高かったけど、馬の後ろにつけたら折り合いはついたよ。4コーナーでもうまく捌けたけど、もうワンパンチ足りないのかな。あそこから伸びればなぁ。距離は大丈夫だよ」

5着 エフティイカロス 蛯名正義騎手
「残念。出走権を取ってやろうと思ったんだけどなぁ。まだ気性も若いけど、4コーナーでもう少しうまく捌けたらよかった。前の馬がフラフラしていた」

7着 オーシャンエイプス 武豊騎手
「調教でも良い動きで、今日の具合も良く、道中の感じも良かったんです。だからもっと弾けるかと思ったんですけどねぇ。距離が長いということはないと思うし、もう1つギアがあるはずなんだけど、それが出ないね。原因がよくわからないよ」NIKKEI RADIO より



 天皇賞レース後コメント
1着 メイショウサムソン(石橋守騎手)
「サムソンにありがとうと言いたいです。最後はこの馬の一番いいところを出してくれました。菊花賞の時に距離云々を言われたので、今回は絶対に勝ちたいという気持ちでした。サムソンらしいゴール前でしたね。これからもこの馬と一緒に頑張ります」

(高橋成師)
「調教師としては次を心配しなければいけないので、GIは騎手として取った方が爽快感がありますね。菊花賞のビデオを何度も見て、補えるところがないか考えたのですが、結局何も出来ませんでした。でも今日、距離と速い馬場を克服してくれて、選択肢が広がりましたね。この後は状態を見ながらということですが、宝塚、秋は天皇賞、JC、有馬ということになると思います」


2着 エリモエクスパイア(福永騎手)
「やったと思ったんですが…。一旦は交わして先頭に立ちましたが、差し返されてしまいました。馬体を併されないように外に持ち出しましたが、交わされたところがゴールでした。調教の効果もあって、折り合いもつき、思い通りのポジションを取れました。ベストの競馬が出来ました。結果だけがベストではありませんが…。現時点での地力の差もあるのでしょう。これからまだよくなってくれると思います。エリモジョージの再現ができればよかったのですが」

3着 トウカイトリック(池添騎手)
「悔しいですね。ゲートを潜って他馬に迷惑をかけてしまいましたが、レースではうまく流れに乗れたし、折り合いに心配のない馬なので、思い切っていい位置に行きました。直線で、メイショウサムソンと内外離れていたので、併せられたらもっと際どかったでしょう。直線は抜け出せそうな手応えでしたしね。状態もよく、自信を持って乗れたのですが、とにかく悔しいです」

4着 アイポッパー(安藤勝騎手)
「ゲートで待たされたせいもあり、スタートがいまひとつでした。もう少し前に行けていれば、結果は違ったと思います。仕掛けて行こうとしても、他の馬に前に入られたりして、思ったよりポジションが後ろになってしまいました」

5着 トウショウナイト(武士沢騎手)
「勝負をかけてメイショウサムソンと並んで上がって行きましたが、2冠馬は強かったです。体は絞れていたし、正直雨は欲しかったけど、この馬場でも対応できました。ただ、あそこまでいったのですから悔しいですね」

6着 トウカイエリート(川田騎手)
「スタートして折り合いがつきすぎるぐらいで、仕掛けてもあまり行く気があまりありませんでした。でも折り合いを欠くよりはいいと思って、馬任せで行きました。直線はいい感じでしたが、最後は力尽きましたね」

7着 アドマイヤタイトル(四位騎手)
「馬群の中からスッと抜ける脚がないので早めに外に出して行ったら、3コーナーで少し(ハミを)噛んでしまいましたね。もう少しゆっくり行ければ、もっといい結果だったと思います。でもいずれは重賞を取れる器ですよ」

8着 ダークメッセージ(佐藤哲騎手)
「いい感じでしたし、最後もエリモに並ぶかというところまでいきましたが、内外からカットされてしまいました。その後もよく盛り返していますし、きれいに外に出せていれば…。それほど負けていないし、今後も長距離ならチャンスはありますよ」

11着 マツリダゴッホ(横山典騎手)
「リズムよく乗れたのですが、勝ったのは2冠馬ですから。この馬もよく頑張っています」

12着 デルタブルース(岩田騎手)
「早めに動いたつもりなのですが、反応が今ひとつでした。硬い馬場を気にしたのでしょうか? 去年の春の天皇賞と同じでしたね。自分としてはイメージ通りの競馬は出来ているのですが」

(角居師)
「硬い馬場は嫌なのかな…トモが崩れるような感じで、ゴールの後止めてましたからね。状態は良かったのですが…」

13着 ネヴァブション(北村騎手)
「今日はしょうがないですね。まだ体が弱いところがあります。折り合いは問題ありませんでした」NIKKEI RADIO より
NHKマイルCの情報はランキングで!  
[ 2007/04/30 18:30 ] レース回顧&反省 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。