CMS

先週のレース回顧 重賞ハンター!!

馬連、3連単、3連複を中心に回収率200%を目指す競馬予想ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 先週のレース回顧ホーム > レース回顧&反省 > 先週のレース回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

先週のレース回顧

春のG1戦線も残り1レースとなったころに調子が上向いてまいりました。あ~情け無い。
宜しければ応援のクリックをお願いします^^→競馬ブログランキング ブログ村

 エプソムCレース回顧

このレースは◎○▲の軸2頭流しでの変則型での的中。収支も若干のプラスでした。反省は混合での1800mはデアリングハートにはきつかったかなという事ですね。上位3頭の実力の程はまだ掴みにくいですね。

 レース後コメント

1着 2番エイシンデピュティ(田中勝春騎手)
「ゴールは内外離れてよくわからなかった。ハナに行ってもいいと思っていたが、他の馬が行ったのでこの馬なりに行きました。返し馬で乗りやすい馬だと思った。直線、外側はゴチャついていたので、もうあの真ん中しかなかった。馬がフワフワして手応えのわりに伸びなかったが、やっと走ってくれたという感じでした」

2着 17番ブライトトゥモロー(福永祐一騎手)
「勝っていると思ったが……。併せ馬になって内側が見えなかったからね。この馬場も得意ではないから、いいところを選んで走らせたんだ。エンジンのかかりが遅いから、直線の長いコースが合っているね」

3着 14番サイレントプライド(後藤浩輝騎手)
「流れとかすべてが上手くいっていたんだけど、最後の最後での瞬発力がちょっと足りないね。もう少しグッと伸びる脚を使えるといいのだけど」

4着 9番ファイングレイン(柴田善臣騎手)
「いい馬だね。馬場がもっとパンとしていたら、もう少し踏ん張ってたよ。距離も大丈夫だった」

5着 1番トウショウカレッジ(松田大作騎手)
「一瞬残ったかと思いましたが、前に馬がいなかったので頑張りきれませんでしたね。いいレースをしてくれたし、1800mでも通用しますよ。距離も大丈夫。これからが楽しみです」

8着 8番サンバレンティン(佐藤哲三騎手)
「状態は悪くなさそうだったが、行きっぷりが悪かった。馬場のせいか、リズムに乗せるのに時間がかかってしまった。1800mは上手だし、伸びてきてはいるけどね」

9着 12番デアリングハート(藤原英昭調教師)
「向正面で躓いて、リズムを崩したのがすべて。まともだったらいい勝負をしてくれただろうし、もったいなかった」

10着 3番ピサノパテック(横山典弘騎手)
「後ろから行く馬なのでスタートはあんなものだと思うが、ゲートの中でも落ち着かずピリピリしていた。やはり精神的に弱いところのある馬だね」NIKKEI RADIO より

第12回マーメイドSの情報はランキングで!  


 CBC賞レース回顧

アドマイヤホクトはちょっと太かったですね。しかしスプリント路線は何時まで経っても混戦で難しすぎます。

 レース後コメント

1着 5番ブラックバースピン(四位洋文騎手)
「他の馬がみんな外を周ろうとするから、道中はインを突くことにしました。それで、直線だけ外に持ち出そうと。馬もそれに上手く対応してくれました。いい馬ですし、期待できますよ」

2着 11番ナカヤマパラダイス(二ノ宮敬宇調教師)
「回数も使ってないし、まだ良くなる馬ですよ。ダートも走りますが、芝の方がいいと思ってます」

3着 6番アグネスラズベリ(角田晃一騎手)
「状態が良く、上手く仕上げてくれましたね。切れる脚はありませんが、手応えも悪くなく、54キロのハンデも良かったです。2着かと思いましたが、アタマが高い分3着でしたね」

4着 13番ミスティックエイジ(川原正一騎手)
「ゲートはモサッと出て、久々の1200mに戸惑っているところもありましたが、直線であれだけの脚が使えるんですからね。マイルならもっと楽しみです」

10着 2番アドマイヤホクト(岩田康誠騎手)
「内枠でしたし、53キロなので積極的に行こうと思ってました。しかし道中でハミを噛んでしまい、最後は脚が残らなかったです」NIKKEI RADIO より
[ 2007/06/13 12:20 ] レース回顧&反省 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。